fbpx

「人が集まること」の脱構築

人が集まることについて様々な視点から考え直す”本気の雑談”。コレクティブや集団についての講義。

1.コレクティブとスペースー人が集まるためのOS
2.共同体vs コレクティブー離散性とネットワーク(ルアンルパ
3.アトリエvs スペースー文脈の複層性(犀の角
4.家族vs シェアハウスー異なる機能原理
5.学校vs gudskulー学びの実践観
6.政府vs g0vー脱人的な意志の分配
7.政治vs 対話ー脱中心化の話法
8.集まりと離散のマッピングー二項対立の哲学

※脱構築とは? 何らかの絶対的真理を打ち立てようとする傾向と、反対にその真理を解体しようとする傾向との2つを「同時に」読み取っていくこと


Aki Iwaya

VS?collective

『自分の「声」で書く技術ー自己検閲をはずし、響く言葉を仲間と見つける』(英治出版・2024年)企画・監修。
早稲田大学文学研究科/現代文芸コース修了。元アーツカウンシル東京/美術・映像分野調査員。
以降、異文化間の価値の翻訳家として、探究学習講師/翻訳/映像制作等を手掛ける。
『VS?collective』メンバーとして、国内外のオルタナティブスペースやコレクティブのリサーチ・ネットワーキングの経験を活用し、複数の領域を横断した新たな選択肢を提案する。
https://akiiwaya-vscollective.studio.site/